+saeko+

saeko0211.exblog.jp ブログトップ

はっとするほど美しい日本の言葉

わたしは本が好きで、それはどんな本かというと、ほとんどは時代の流れとはまったく関係のないものが多いです。話題の小説などは縁がありません。
「今週のナンバーワン!」のコーナーは本のカバーのみ見ておわるかな。
ではどんな本を連れて帰るのかというと、たまたま目に入ったもの。または中身の写真が綺麗なもの。ジャケットがカワイイものなど。どちらかというと感覚で選ぶところが多いです。

この本はそんなわたしを「文字」という絵で、ぎゅっっっと掴んで離さなかった本です。
先月は本を買い過ぎたため、一ヶ月我慢して、本日やっとわたしの元へときました。

山下景子さんの 恋色の日本語
f0109946_23243887.jpg



もくじも素敵。まるで小雨のよう。日本語の優しい雨がしとしと。って。
f0109946_23245239.jpg



中身も。もう。もう。ぎゅゅんんっ。
f0109946_23251163.jpg



この中からひとつ紹介しましょう。

゜゜゜゜゜゜

  は ぐ く む

 「羽」の「は」と、
 包むという意味の「くくむ」が合わさって、
 「はぐくむ」。
 もともとは、
 親鳥が、ひなを抱く様子を表す言葉だったとか。

 心の中に生まれたばかりの小さな思いも、
 やわらかな羽で、
 そっと包むようにして、
 あたためていけばいいのだろう。

 「育つ」の語源は、「巣立つ」だとか。
 大空へはばたく日を、
 ゆっくり待つことにしよう。

゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜

あぁ、なんてゆっくりした時間が流れるのでしょう。素敵ですねぇ。
さらに本で読むと、縦書きなので、10倍は素敵です。
ゆっくりゆっくり時間を感じたいときに読みたい本です。
山下さんが、「日本語はこんなにも美しいんだ」ということに、あらためて気付かせてくれました。

そしてこの山下景子さん。
先月見たときに、「竹下景子」さんだと思ってました。
本日手に入れるまでの一ヶ月間、ずっと竹下景子さんが書いたのだと。。。
だって、なんか素敵な声で読み上げてそうじゃない?


゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜

そしてここでお知らせ。
12月の羊毛フェルト教室ですが、6土は特別教室を開催します。
フェルトで作るクリスマスリースです!
通常は二枠分のご予約となるので5100円となりますが、今回は特別教室なので、材料費、スタートセット、お茶、お菓子代込みで4000円とお得な感じになってます。
(スタートセット←チクチクニードル針とマットが付くのは12月だけ!)

ご興味のある方は、ぜひぜひ早めにご予約くださいませ。
詳しくはコチラ→
[PR]
by saeko0211 | 2008-11-17 23:31 | ゜とある日のお気に入り
line

作品と展示のお知らせと日々のわたし。


by saeko0211
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite